So-net無料ブログ作成

サミュエルスミス ペールエール [イギリスのビール]

2417930

サミュエルスミス・ペールエール[ビール][ぴかぴか(新しい)]

ペールエールって種類のビールはわりかしよく目にしますな。銀河高原がペールエール出したり、最近ではよなよなエールが近所の量販店でもお目にかかるようになった。いい日本になったなあ。


んで、ペールエールにも流派がいろいろあるようなのです。簡単に分けると「アメリカンペールエール」と「イングリッシュペールエール」となります。


違いはまあいろいろあるんでしょうが、一番の違いは使ってるホップの違いらしいです。

アメリカンはカスケードという日本でもおなじみ(よなよなエールで顕著に感じられる香りです)のホップを主に使ったペールエールで、これはとにかく果実香が実にすんばらしい[ぴかぴか(新しい)] グレープフルーツみたいな香りが呑む者をヘブンへと誘うのです。

に対してブリティッシュはイギリス産のホップ(フグルズ、ゴールディングスなど)を使ったもので、これは紅茶のような、ハーブのような可憐な香りが特徴だす[るんるん]


でも、日本で市民権を得ているのは圧倒的にアメリカンな気がします。これは言うまでもなくよなよなの大功績であります。

「金色で苦いのばっかりがビールなんぢゃない!!」ということが身をもって、いや、舌をもって納得できるビールですな、よなよなは。



んでもそのせいだか何だかはわかりませんが、ブリティッシュペールエールはどうもイマイチ認知されていないような・・・[たらーっ(汗)]

日本で一番お目にかかるブリペ(略しました)はバス社のペールエール。これも樽生は実に美味。アサヒが扱っていることもあって、ビアバーなんかではよく出会いますな。


んでもどうもペールエールというと日本人はアメペの味を想像してしまうようで、この間どこかの呑み屋で何も知らずにバスを頼んだ男性グループが

「これ・・・焼酎入ってるん・・・?[たらーっ(汗)]


焼酎てお兄さん、ホッピーか笑

とまあ、つれない反応をされてしまう場合が多いようです。


そんな過去をお持ちのあなた、バスがいまいちだと思ったアナタ、またはアメペの果実香があまり好きでないというYou[exclamation×2]

ぜひこのサミュエルスミスペールエールをご一飲あれ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


控え目ではありますがハーブみたいなホップ香がほのかに香ります。

で、何がすばらしいって、口に含んだ瞬間キリッとした苦味とともに、麦芽由来でしょうかね、木みたいなナッツみたいなほんのり甘くやわらか~いフレーバーが。

鼻からはハーブ、口の中には森の香り。んんん~、ビバ森林浴[ぴかぴか(新しい)] 温度が上がるほど木の香りが出てきますよん。

ちなみにサミュエルスミスはヨークシャー地方にある醸造所で、伝統的な手の込んだ2階建ての発酵槽でんまいビールをいろいろ作ってるそうですよん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。