So-net無料ブログ作成

キリンスタウト 【エピローグ2】 [日本の大手ビール]

3505708

残り4本のうちの1本です。今日本に全部で何本ぐらい残っとるんだろうか・・・。

ちなみに「何このビール!?」「キリンからこんなかっこいいラベルのビール出てるんだ♪」って人、詳細はこちらをごらんください[もうやだ~(悲しい顔)]

キリンスタウト(2008年8月29日)
http://nekoze-beer.blog.so-net.ne.jp/2008-08-29

キリンスタウト(2009年4月11日)
http://nekoze-beer.blog.so-net.ne.jp/2009-04-11


誤解ないように言っておきますが、「一番搾りスタウト」とは全く別のビールです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


香りは製造直後のものに比べるとほぼゼロに近い。産後1年半経ってますからな。でも鼻を近づけると間違いなくキリンスタウト。ロースト麦芽の焙煎香とホップとエステルの香りが華麗にシナジーし合った、他のどのビールにもなかった華のようなアロマがごくわずかながら残っております[ぴかぴか(新しい)]

「コク」なんて言葉で片付けられない深み。酸味がやや出てきてるかな。んまいです[もうやだ~(悲しい顔)]

産後1年半を経てなお一層強く感じるのが、副原料の米の存在感です。甘味酸味苦味焦げ味が舌の上をひとしきり暴れた後をきれいにフィナーレへと導いてくれる。キリンの妙技と言うほかない。絶妙です。

これこそジャパニーズ・スタウトでしょう。副原料なしで造っているアサヒスタウトとは似ているようでやはりこの点で決定的に異なる。日本人の嗜好に徹底的にあわせるキリンのビールの最高峰なのでは。米を使って何が悪い。美味ならば文句ないだろ。そんな無言のメッセージを、米と共に歴史を歩んできた日本人としての誇りを強く感じます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


キリンスタウトなきあと、猫背的スタウトめぐりはいまだ続いています。その中で国内のもの、海外のもの問わず、魅力的なスタウトに数多く出会いました。でも、海外のスタウトを呑むとどうしても感じてしまう「背伸び感」。これが本場のビールなんだから、これをんまいと思わなければいけないんだ、みたいな違和感を感じることもままありました。

でもなんだろう、この安心感。自分が日本人であることを後ろめたさなく感じさせてくれるこの安らぎ[ぴかぴか(新しい)]

「日本のビール」を簡単に捨ててしまった(今からすればギネスとの交換条件だったとしか思えないが)キリンの愚挙に改めて失望と怒りを感じますな[バッド(下向き矢印)]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【ビール情報】
キリンスタウト(2008年9月終売)
原材料:麦芽、ホップ、米、糖類
Alc:8%

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 2

brand_new_song_3rd

こんにちは、キリンスタウトでググってこちらにお邪魔しました。キリンスタウトを愛する人がいることが嬉しいです。
酒販店の片隅であのカッコいいラベルを見つけた時の衝撃、飲んだ時の重厚な味わいにショックを受けたことは忘れられません。
以来私は「キリンスタウト」は世界のビール(特にスタウト)に負けない素晴らしいビールだと確信して愛飲しておりました。勿論ギネスより美味かった。。。
しかし、嗚呼しかし、私的には[スタウト]とは製法はもとより味的に到底認められない「一番搾りスタウト」と入れ替わるように消えてしまったではありませんか。
「アサヒスタウト」が細々と生き残ってはいますが代用品にはなりません。あ、美味しくないと言っている訳ではないです。
今はベルギービールで我慢していますが(笑)、「キリンスタウト」復活を今でも願っています。長文失礼しました。
by brand_new_song_3rd (2011-11-04 06:11) 

猫背

こんにちは。コメントありがとうございます!お返事遅くなって申し訳ありません。

私もキリンスタウトは今でも世界最高のスタウトだと思っています。まだ我が家の冷蔵庫には3本ほど残っていますが、香味はかなり変わってしまっていると思います。

やはりキリンスタウト復活、これしかありませんよね。。。キリンにはたびたび投書しているのですが、さすがに一人の意見で大企業が動くわけはなく、現在に至っています。。。
by 猫背 (2011-11-09 22:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。