So-net無料ブログ作成

冬麒麟 【猫背的見間違い】 [非ビール]

20101016.jpg


サッポロの限定ビールと間違えて買いましたorz


これと間違えて↓

冬物語.jpg


よく見たら全然似てねーよorzorz





しかもこれ・・・








発泡酒でしたorzorzorz






いや~参った。今焼いてるサンマが泣くよ。。。




まっっったく、ついてねえなあ・・・








プシュ(←結局呑んでる)









いや~、んまくなりましたなあ、発泡酒[exclamation×2]

「淡麗」の一番最初に出たやつを興味本位で買って呑んであまりに(TAT)だったので、それからどうも発泡酒も第3も敬遠していたのですが・・・長年の冷戦状態にもついに雪融けが!そういえばこないだ呑んだ4VGも発泡酒だしなあ。いや~恐るべし、日本の技術力[ぴかぴか(新しい)]


ビールに比べると苦味は足りません。圧倒的に足りません。発泡もちょっと足りないかなあ。だから、ビールならではの「苦い! 爽快! んまい!」というカタルシスを求めると間違いなく期待はずれです。

でも、これはこれで一つの酒のジャンルとして確立しているのではないか、と思います。「バーレイ(大麦)リキュール」と呼んでもいいし、もっと庶民的に「麦チューハイ」とかでもいいかも。優しいおだやかな甘味は女性にも受け入れられやすいと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ビールだと思って呑むからいかんわけであって、最初からビールだと思わなければいい、ということなのでしょう。この点は消費者側の問題というよりは、中身もラベルもビールに似せようとしてきたメーカー側の問題なのでしょうが。ラベルまで似せようとするから今回の猫背のような被害者が生まれるんですorz

でも、もうビールと袂を分かってもいいんぢゃないでしょうかね、ここまで来ると。味覚の上でビールと完全に相似形を成す事のできる発泡酒はあっしは現れることはないと思っています。どんなに努力してもビールはビール、発泡酒は発泡酒でしょう。だったらもう別の酒にしちゃえばいい。呑むこちらの側もそういうスタンスでビールと発泡酒を選びわけられればいいですよね。

しかし、ビールではない新しいジャンルの酒類だと考えてもまだまだ欠点はありますよ。麦に由来する甘味よりも糖類由来の甘味を強く感じてしまう、つまり、わざとらしい甘味を感じてしまう点、温度が上がったら味のバランスが激しく崩れてしまう点、などなど。このあたりが克服されれば「ビールではない何か」の地位をしっかり確立できるのではないかと思います。



ただ、発泡酒は準ビールである、という現在のスタンスにもひょっとしたらメリットがあるのかなあ、と、この冬麒麟を呑んで思いました。「こういう甘いビールもありだな!」という印象を呑む人に与えることができれば、金色でもない苦くもないビールに対するニホンジンの偏見もなくなってくるのかなあ、と、少しだけ期待しました[るんるん]


そして、この記事の論点は次回投稿する「アサヒ 世界ビール紀行 メルツェンタイプ」へとつながります。というか本当は今日投稿するはずだったのですが、うれしい買い間違いで寄り道の投稿をしました[グッド(上向き矢印)]

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 2

よいこ

nice&ご訪問ありがとうございました。
ビールの苦味が苦手だったので、発泡酒なら飲めます、私。
^:^
by よいこ (2010-10-17 22:41) 

猫背

よいこさん

コメありがとうございます!

やっぱり居られますよね、よいこさんみたいに「発泡酒ならばオッケー」って人。この冬麒麟、おすすですよ!ただし、注いでから15分以内に呑みきることをおすすめします笑

これからもよろしくお願いします~♪
by 猫背 (2010-10-19 00:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。