So-net無料ブログ作成

アンカー・スペシャルエール 【猫背的年越麦酒】 [アメリカのビール]

いや~急に寒くなりましたな。油断してた猫背は数年ぶりの風邪を引いてしまいました[たらーっ(汗)] いつ以来か記憶がない休肝日を余儀なくされた数日間。。。。晴れて復活した猫背にセルフ全快祝い[ぴかぴか(新しい)]


20101212(004).jpg


去り行く2010年にこの一杯。アメリカ・アンカー社の年末限定ビール「スペシャルエール」ですん[るんるん]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


アンカーのビールは日本でもわりかしよく見かけますな。カスケードホップの鮮烈な香りと苦味が心地よい「リバティーエール」,普通は低温で発酵させるラガービールを高めの温度で発酵させた「スチームビール」,高アルコールのバーレイワイン(「大麦のワイン」の意味)「オールドフォグホーン」,などなど,ヘベレケ心をくすぐる魅惑のラインナップを誇っているのですが,このアンカー社はいわゆる「大手メーカー」に分類されるべき会社ではありません。クラフトビール,日本でいうところの地ビールのメーカーといったほうが正しい気がします。


アメリカはクラフトビールの宝庫です。世界のどの国よりも,小規模醸造家が消費者から然るべき評価を受けているように思います。さすが自由と独立の国と言うべきか[ぴかぴか(新しい)] クラフトビールに法外な酒税を課して規制しているどこかの国も少しは見習うべきでしょうね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


アンカーは1896年にサンフランシスコで創業した歴史のある醸造所ですが,1900年代半ばには経営が傾き,廃業寸前の状態だったそうです。しかし1965年にホームブルワー(自家醸造家)のフリッツ・メイタグ氏が会社を買収し,メイタグ氏が醸造に関わるようになってから名声と経営を劇的に回復,そして今に至る,ということです。


そういえば10月くらいにこんなビール出てましたよねん。

yamaichi_41631.jpg


ハミングエール[ビール] これもアンカーのビールです。

メイタグ氏が引退するにあたって最後に手がけたビールです。会社を買収し,苦労を重ねた後にようやく経営が軌道に乗り始めた頃の「ハミングしたくなるような気持ち」を形にした,それがこのハミングエール。リバティーエールよりもさらにフラワリー&フルーティ。実に美味なビールでした[るんるん]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


今日呑んでるのは「スペシャルエール」だす。毎年この時期に造られるビールで,しかも毎年レシピが違う[exclamation]という,アンカーからのクリスマスプレゼントみたいなビールです。


いただきま~す[るんるん]

いや~スパイシーな香りが強いですね~。鼻の奥でパチパチはじけるみたいな,食欲をそそるような刺激的な香り。心地よいです[ぴかぴか(新しい)]

このスペシャルエールは毎年ハーブやスパイスなどの副原料を使った華麗な香味で楽しませてくれるのですが,今年のはハーブは使ってません。数々のハーブの競演だった2008年のものとはある意味対極かも。「あれ,シンプルだな」と一瞬思うけど,鼻の中で香りの玉が弾け飛ぶ感じ。実に愉快です。

今年のはホップ感がかなり強いですね~。麦芽の焙煎感が強く出ていた昨年のものに比べるとかなりホッピー。ホップの苦味とスパイスの華やかさが気持ちよく後を引きます[るんるん] モルトの甘味はそれほど強く出てませんね。ほのかな焙煎香にだけモルトのキャラクターが現れてる。毎年そうなんですが,何杯でも呑める感じです。

1月いっぱいぐらいは日本国内でも出回っているはずです。年越しソバと一緒にどうぞ[るんるん]
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 6

トリック

 『アメリカの美味い物なし』の格言を信じてアメリカのビールは飲んだ事ないのですが、ビールは気を吐いているのでしょうか? 何でも大型化するアメリカ産業界ですが、ビールだけは小さな規模で続けられているのですね。

 ビールに掛けられる税金、4割以上だそうですが、欧米の1割以下になってくれたら、私みたいなワーキングプアでももう1杯飲めるのに~。
by トリック (2010-12-18 21:59) 

猫背

トリックさん

アメリカにはクラフトビール醸造所がたくさんあるわりに、アンカーなど一部の醸造所のものしか日本に入ってこないのが現状です。だから、手にする機会もなかなかありませんよね。。。

アンカーのビールはどれも間違いなく美味ですよ♪
by 猫背 (2010-12-19 23:36) 

トリック

 歌えない踊れないマイケル・ジャクソン先生の著書『MICHAEL JACKSON'S Pocket Beer Book』にも、アンカー社は“Small is beautiful” brewerと解説されていました。

 英語が分からないので、それ以上はサッパリですが。創業1890年代のサンフランシスコで、1960年に現オーナーのフリッツ・メイタグ氏が新しい命を吹き込んだ、って書いていあるのだろうか……。
by トリック (2010-12-20 21:00) 

Umi-Bozu

以前に出張でアメリカ(西海岸)に行った時、「アンカースチーム」というビールを飲んだ事があります。とても美味しかったので珍しく名前を覚えてます。ここのメーカーのビールでしょうかね?
by Umi-Bozu (2010-12-20 22:36) 

猫背

トリックさん

あっしの手元にある『MICHAEL JACKSON'S Pocket Beer Book』の邦訳本を見ると・・・トリックさんの訳で大正解です!

僕は英語版は持ってませんので、元の英文はわからないのですが。。。
by 猫背 (2010-12-25 00:03) 

猫背

Umi-Bozuさん

アンカースチームはまさにアンカーのビールです!あれは美味ですよね~僕も大好きです。

日本でもわりかし見かけますよ。お近くに成城石井があれば、置いてある可能性大です!
by 猫背 (2010-12-25 00:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。