So-net無料ブログ作成

高円寺麦酒工房 【Japanese Brew Pub】 [現地に突撃♪]

『ブルーパブ』

「青いパブ」ではありません。英語で書けばbrew pub。つまり「醸造酒場」ということです。

簡単に言えば,自分の家で造ったビールを自分の店で出す,というスタイルの酒場のことです。海外では一般的なのですが,日本では滅多にお目にかかりませんね。


そんな日本には数少ないブルーパブの一つ,「高円寺麦酒工房」に今日は行ってまいりました[グッド(上向き矢印)]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


高円寺の北口を出て,歩いて5分くらいです。が,かなり細~い路地を入るので,地図見ないとたどりつけないと思われます[あせあせ(飛び散る汗)] ご注意ください。

ちなみにここです↓

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.70466111&lon=139.65443889&ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&p=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%9D%89%E4%B8%A6%E5%8C%BA%E9%AB%98%E5%86%86%E5%AF%BA%E5%8C%972%E4%B8%81%E7%9B%AE24-8&sc=5


民家や小さな店が並ぶ閑静な路地を歩いていくと右手に・・・

IMG_0026.JPG

ありました[ぴかぴか(新しい)] 見た目は完全に民家です。古い家を改装したのだと思われます。入口には・・・


IMG_0027.JPG

わかりやすい看板が笑 では入店~。

入口に近い側にはフロア席,そして奥にある厨房の手前には小上がり席。あっしは店内が混み合っていたのと珍しく複数人で呑みに行ったのとで幸運なことに小上がり席に座ることができました[るんるん]

そう,ここ大事。混んでいたのです。開店したのは昨年の12月26日。まだオープン後2か月足らずにもかかわらず,さらに,平日の夜だったにもかかわらずほぼ満席の大盛況[ぴかぴか(新しい)]

しかも客層はあっしみたいなめんどくさいマニアはごく少数。見る限りではご近所さんがほとんどのようでした。小さな子供を連れた家族も2組ほど。んん~いい光景だ[グッド(上向き矢印)]


ちなみに小上がり席は・・・

IMG_0037.JPG

こんな感じで,店内全体を見渡せます。なんだかすごく偉くなった気分です。


IMG_0032.JPG

会計時用の札。銭湯の下駄箱のカギみたい[黒ハート]



ちなみにBEERメニューはこんな感じ。

IMG_0030.JPG

自家醸造ビールは全3種類。ラインナップは日によって違うみたいです。この日はエール系がずらり3種類。ヴァイツェンも日によってはあるらしいのです。ん~呑みたかった。



お,メニューは側面にも続きがあった。

IMG_0029.JPG

キリンのビールも3種類ありました。いわゆる「普通のビール」が呑みたいお客さんも安心ですな。

1種類だけではなく3種類並べているところにビアパブとしてのポリシーを感じますな。「日本のビールにだって味の違いはあるんだ[exclamation]」という暗黙のメッセージでしょう。ちなみに一番上の「入荷待ち」はハートランドでした。ん~呑みたかった。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


いただきま~す[るんるん] まずはアメリカンペールエール。

IMG_0031.JPG

濁りの強い外見からは想像もつかないほどシャープ。鮮烈な柑橘系の香り+鋭い苦み+心地よい酸味=昇天。もぎたての果実にかぶりついたみたいにフレッシュ[ぴかぴか(新しい)]

この点はやはり自家醸造最大のメリットですな。だってビールが出される真横で造られているのですから。ビールにとっての大敵である移動(ビールは振動に弱いのです)からも紫外線からも解放された環境です。んまくないわけありませんて。



次はレッドエール。

IMG_0034.JPG

アメリカンペールエールの鮮烈な苦味はそのままに,麦芽の甘味にもスポットライトを当てたビール。ん~これもんまい。



んでもう一つ,ストロングエール。

IMG_0036.JPG

写真の右がストロングエールです。度数7%。でも実際には数字以上のアルコール感を感じます。存在感たっぷり[ぴかぴか(新しい)]



フードメニューも想像以上に充実していました。てっきり軽いつまみが数種類あるくらいなのかなあ,と思っていたら奥の厨房で本格的な調理をしていました。このあたりも地元の人々の支持を得るには重要な部分なんでしょうね。


そんな高円寺麦酒工房,ブログはこちら。お店のこともビール造りのこともいろいろ書かれていておもしろいですよ↓[るんるん]

http://koenjibeer.seesaa.net/
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 14

コメント 8

コバヤン

Mサイズで中ジョッキ位でしょうか?
地ビールをジョッキでいただけるなんて幸せですね。
お値段もリーズナブルだと思います。
ヴァイツェン、ハートランドがあれば、なお幸せですね。

高円寺なら何とか行けそうです。
是非行ってみたいです。

by コバヤン (2011-02-11 18:32) 

トリック

 やはり気のせいではなかったのでしょうかしら。瓶、缶での家飲みよりビアパブ、ビアパブより直営店の方が同じビールでも味が良い気がするのは。香りや舌触りがすこ~しだけ劣化している様に感じます。

 まあ、温度の管理なんか家の冷蔵庫では出来ませんから、そうした技術の差もあるのかも知れませんが。
by トリック (2011-02-11 20:36) 

momoe

ご訪問ありがとうございます。
ちゃぶ台でビール、良いですね。
by momoe (2011-02-11 21:22) 

猫背

コバヤン さん

その通り、Мで中ジョッキです。そして、安いのです。

ビールをコストパフォーマンスの点で評価するのは(ラーメン同様に)意味がないことだとは百も承知ですが、抜群にコストパフォーマンスは高いです。

お近くならばぜひ行ってくださいよ~♪
by 猫背 (2011-02-13 21:52) 

猫背

トリック さん

一概には言えませんが、ビールの味は移動距離または移動時間に反比例すると言ってほぼ間違いないと思います。

とは言っても、そんなこと気にしてたらんまいはずのビールにケチをつけながら呑む、みたいなひどくつまらんことになりかねないので、あまり気にする必要はないと思いますよ♪ 実際に、樽生で呑むよりもボトルで呑んだほうがんまいビールだってたくさんありますから。
by 猫背 (2011-02-13 21:56) 

猫背

momoe さん

こちらこそありがとうございます!写真のハムスター、かわいいですね♪


by 猫背 (2011-02-13 22:00) 

ターキー

前日のほうにコメント付いてますね(^-^;)

ブログとかは使い慣れないので申し訳ないです(>_<)
by ターキー (2011-02-18 03:08) 

猫背

ターキー さん

いえいえ、いくらでも書き込んでやってくださいよ♪
by 猫背 (2011-02-18 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。