So-net無料ブログ作成
非ビール ブログトップ

冬麒麟 【猫背的見間違い】 [非ビール]

20101016.jpg


サッポロの限定ビールと間違えて買いましたorz


これと間違えて↓

冬物語.jpg


よく見たら全然似てねーよorzorz





しかもこれ・・・








発泡酒でしたorzorzorz






いや~参った。今焼いてるサンマが泣くよ。。。




まっっったく、ついてねえなあ・・・








プシュ(←結局呑んでる)









いや~、んまくなりましたなあ、発泡酒[exclamation×2]

「淡麗」の一番最初に出たやつを興味本位で買って呑んであまりに(TAT)だったので、それからどうも発泡酒も第3も敬遠していたのですが・・・長年の冷戦状態にもついに雪融けが!そういえばこないだ呑んだ4VGも発泡酒だしなあ。いや~恐るべし、日本の技術力[ぴかぴか(新しい)]


ビールに比べると苦味は足りません。圧倒的に足りません。発泡もちょっと足りないかなあ。だから、ビールならではの「苦い! 爽快! んまい!」というカタルシスを求めると間違いなく期待はずれです。

でも、これはこれで一つの酒のジャンルとして確立しているのではないか、と思います。「バーレイ(大麦)リキュール」と呼んでもいいし、もっと庶民的に「麦チューハイ」とかでもいいかも。優しいおだやかな甘味は女性にも受け入れられやすいと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ビールだと思って呑むからいかんわけであって、最初からビールだと思わなければいい、ということなのでしょう。この点は消費者側の問題というよりは、中身もラベルもビールに似せようとしてきたメーカー側の問題なのでしょうが。ラベルまで似せようとするから今回の猫背のような被害者が生まれるんですorz

でも、もうビールと袂を分かってもいいんぢゃないでしょうかね、ここまで来ると。味覚の上でビールと完全に相似形を成す事のできる発泡酒はあっしは現れることはないと思っています。どんなに努力してもビールはビール、発泡酒は発泡酒でしょう。だったらもう別の酒にしちゃえばいい。呑むこちらの側もそういうスタンスでビールと発泡酒を選びわけられればいいですよね。

しかし、ビールではない新しいジャンルの酒類だと考えてもまだまだ欠点はありますよ。麦に由来する甘味よりも糖類由来の甘味を強く感じてしまう、つまり、わざとらしい甘味を感じてしまう点、温度が上がったら味のバランスが激しく崩れてしまう点、などなど。このあたりが克服されれば「ビールではない何か」の地位をしっかり確立できるのではないかと思います。



ただ、発泡酒は準ビールである、という現在のスタンスにもひょっとしたらメリットがあるのかなあ、と、この冬麒麟を呑んで思いました。「こういう甘いビールもありだな!」という印象を呑む人に与えることができれば、金色でもない苦くもないビールに対するニホンジンの偏見もなくなってくるのかなあ、と、少しだけ期待しました[るんるん]


そして、この記事の論点は次回投稿する「アサヒ 世界ビール紀行 メルツェンタイプ」へとつながります。というか本当は今日投稿するはずだったのですが、うれしい買い間違いで寄り道の投稿をしました[グッド(上向き矢印)]

くつろぎ仕込み 4VG 【王者の挑戦】 [非ビール]

20100922.jpg

何ともゴロの悪いネーミングぢゃありませんか。よんぶいじーって何の暗号だ笑[あせあせ(飛び散る汗)]

それに北川景子みたいなドSなオーラプンプンしてる女性に「くつろごう[るんるん]」とか言われてもくつろげやしませんて、ギャハハハ・・・[わーい(嬉しい顔)]



という違和感だらけのインパクトから始まったこの発泡酒に対する興味。思わず買ってしまいました。やられた、見事なアサヒのPR戦略。。。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


4VGってのはヴァイツェンビールから必ず香る、あの香りをもたらす化学成分です。ヴァイツェンビールってのがピンとこなければ、ご近所のどこかでたぶん売っている「銀河高原ビール」をご賞味ください。注いだ瞬間香るそのバナナやクローブのようなフルーティな香りがそれです。

ヴァイツェンのこの香りはヴァイツェン酵母という専用の酵母で大麦麦芽と小麦麦芽を醸造することによって出る香りです。しかし、アサヒはこの香りをヴァイツェン酵母を使わずに出すことに成功[exclamation]だそうです。

ほほう、ビールオタクのマニア心をくすぐるぢゃないですか。ここは一つ当ててしんぜよう、このビールの原材料を!もちろん、あっしの舌と鼻と喉だけで[手(グー)]

というわけで、ここからしばらく面白くも何ともない客観的なテイスティングの結果を羅列します。断じて誓います。原材料表は見ていません[exclamation] 唯一あっしにある事前情報は「ヴァイツェン酵母は使っていない」ということだけです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


色。透き通った金色。白濁がないので小麦麦芽は使ってない。

香り。ヴァイツェン特有のバナナやクローブのような香りは少ない。ホップの香りがほのかに漂ってるのでホップは使ってる。香料みたいな人工的な香りはない。

呑む。おおおお~、ヴァイツェン感ありますね~[ぴかぴか(新しい)] 鼻ではわからない香りも呑んでみたらわかります。人工的な感じはあんまりしません。ほんとのヴァイツェンみたいです。麦芽に由来するボティ感とは別にストレートな甘味も感じるので、これは糖類を使ってるはず。後味にやや気になる苦味があるので、これはひょっとした苦味料を少しだけ使ってるかなあ。または人工的に出したヴァイツェンの香りに由来するものなのかなあ・・・



と、考え考えしながら確定。以下が猫背予想の原材料です。

麦スピリッツ
大麦麦芽
ホップ
糖類
ヴァイツェンの香りを出すための化学的な何か
苦味料(少しだけ)

証拠写真↓ テイスティング時のメモ書きです。あ、ミミズぢゃありませんよ、それ。あっしの字です。上のほうのぐちゃぐちゃはあまり気にしないでください[たらーっ(汗)]

20101001(002).jpg



さて、正解はいかに・・・缶の横におそるおそる目をやると・・・

麦芽
ホップ
大麦
糖類
アミノ酸(ロイシン)
大麦スピリッツ



苦味料なかったか~、不覚[あせあせ(飛び散る汗)] というか、香りを出すための化学的な何かもありませんね[exclamation×2] ぢゃあ一体どうやって香りを出してるんだ・・・[exclamation&question]


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


というわけでアサヒのHPを見てみました。


が、何も情報がありません。。。

で、ネットをあちこちかけずりまわって調べてみたら、「大麦(麦芽にしていないもの)+下面発酵酵母+新技術」で、ヴァイツェンの香りを出しているようです。

下面発酵酵母ってのは簡単に言えば日本の大手メーカーのビールを醸造するのに用いられる種類の酵母の総称です。つまり、特別な酵母は使っていないということ。う~ん、「新技術」が気になる・・・[たらーっ(汗)] ちなみに特許出願中らしいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


で、ここからはあっしの主観でこの発泡酒を評価します。

はっきり言います。んまいです[ぴかぴか(新しい)] 発泡酒で初めて素直な実感としてんまい[exclamation]と感じました。

銀河高原ビールと比べればはっきり言って別物です。香りがヴァイツェンぽい以外はヴァイツェンの要素は全く感じません。

でも、そここそアサヒの目指すところだったのでしょうね。

ヴァイツェンはもともと日本人には好き嫌いのはっきり分かれるビールです。ビールは好きだけどヴァイツェンはちょっと…って人はあっしの周りにもいます。逆に言えばヴァイツェンを初めて呑んだ時に「んまい!」ならば、確実にビールマニアになれます笑

アサヒのこの発泡酒は、そういう日本人が苦手なヴァイツェンの甘さや酸味やとろ味を出さずに、香りだけを出すことによって新しいスタイルを創ろうとしているのでしょう。ガチガチ保守のビールマニアからしたら「怪しからん!ヴァイツェンに対する冒涜だ[exclamation]」となるところでしょうが、あっしは試みの方向性としては歓迎されるべきものだと思います。

というのは、こういう「本場への一歩手前のビール」が間違いなく日本人の海外ビールへの味覚的、心理的な壁を低くしてくれるものだと思うからです。その結果として日本のクラフトビールにあまたある美味なヴァイツェンを手にする機会が増えれば、文句なしぢゃないですか[ぴかぴか(新しい)]

アサヒはこういう実験的試みにはすごく謙虚ですよね。名品「マスター」の肩書きも「ピルスタイプ」です。「ピルス」と表示しないのがすごく好印象です。まあ「ピルス」とだけ表示しても日本人誰も何だかわからないから、という理由が大きいのでしょうが。少なくとも、スタウトではないビールにスタウトという看板をかぶせているどこかの大手メーカーとは真面目さがまるで違います。


麦酒天動説を覆すためのこういうナイスなきっかけを、大手メーカーがたくさん作ってくれればいいのになあ~と思います[るんるん]
非ビール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。