So-net無料ブログ作成
麦酒諸事片々 ブログトップ

【雑記】アンドロイド端末からの記事作成テスト♪ [麦酒諸事片々]

アンドロイド端末からブログ更新できるようになったので、調子に乗って意味もなく更新してます[ぴかぴか(新しい)]



お~、写真も簡単にアップできる[グッド(上向き矢印)]



んまそう[ハートたち(複数ハート)]




タッチパネルでテキスト入力するのは甚だしく面倒なので、猫背特有の長文化が防止できるのも良いですな。

写真の店を全て当てた方、先着1名様に猫背のキスマーク付きサイン色紙をプレゼント[キスマーク]

以上、本格的な雑記でした[ぴかぴか(新しい)]

【雑記】 泡あわアワー [麦酒諸事片々]

泡.jpg

今日は泡の雑談です。


先日あっしに宮島ビールをプレゼントしてくれた同僚に、返礼として猫背セレクションクラフトビールを贈りました。


キャラクターが対極で、なおかつマニアすぎない香味のものがいいなあと考えて、信州オラホビールのゴールデンエール(モルトの甘味をエンジョイ)と、ヤッホーのインドの青鬼(ホップの感の突出した苦苦IPA)をチョイスしました[ぴかぴか(新しい)]


で、職場でそれを渡したところえらく喜んでくれて、「帰りの新幹線の中でさっそくいただきますわ~」とウキウキ気分で職場を後にしました。



そして翌週、ビールの感想を聞いたところ・・・

「いや~青鬼、泡がすごいね~!」

「あの泡の分厚さにノックアウトされましたわ~」

「泡がよかった~、青鬼。」


と、青鬼についてはしきりに泡ばかりを褒め称えるのです。まるで泡だけ呑んで本体は捨てたかのように笑


何でこんなに泡あわ言うのかなあ~といろいろ思案をめぐらせると、蘇ってきました、ビールを渡した時の光景が。


彼は帰り際で急いでいたらしく、ビールをスーツケースに横向きに放り込み、駅までの10分ほどの道のりをガタゴトとスーツケースを引いてダッシュしていきました。

つまり、オラホと青鬼は10分間横向きにシェイクされていたわけです。

オラホはホップをそんなに使っているわけではないので被害は軽微だと思いますが、青鬼はなんせIPAです。ホップをたっぷりと使っているわけです。つまり、泡立ちがもともと大変よろしいビールなのです。

そんな青鬼を10分間横向きシェイクして、プシュッと開栓・・・きっと新幹線の中で一人ビールかけ状態になったのではないでしょうか。

しかも、あっしが渡していたブラカップは1本まるまる注ぎ切れる350mlカップではなく、やや小さめの250mlカップ(これしか売ってなかったのです)。注いでもカップを満たすのは泡ばかり・・・そりゃ「泡がすごい」という感想にもなるなあ、と納得したわけです。



ビールを運ぶときには横にしてはいけない!というどこかで聞いた鉄則を、同僚の手を借りて痛感した猫背でした。

ちなみにあっしの近所のコンビニで、ビールは必ず別の袋に立てて入れてくれる店があるのです。わざわざ袋を分けなくても済むぐらいの量の買い物でも、ビールだけは必ず別の袋です。ある日、


「あ、袋一緒にしてもらっていいですよ」

と店員さんに言ったところ

「いや~、缶を横にするとビール振れちゃって泡だらけになっちゃうんだよ~。」


恐れ入りました[ぴかぴか(新しい)]

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【雑記】コンビニのビールラインナップに異変が・・・ [麦酒諸事片々]

最近勢いでスマホを手に入れて無駄にはしゃいでいる猫背です。


このブログ開設当初からの目標は「どんなに忙しくても月に1回は記事を書く[exclamation]」でした。いや、です。


しかし、本業に忙殺されてその月1回の投稿すらままならない日々。しかし、書くからには中途半端な記事は書きたくない。嗚呼・・・







[ひらめき](ひらめいた)






最初から「中途半端です!」って宣言して書けばいいんだ!ん~コペルニクス的発想の転換[ぴかぴか(新しい)] 別名、妥協。



というわけで新たに「麦酒諸事片々」というカテゴリーを設置して、ゆるい(どうでもいい)内容をだらだら書き連ねたいと思います。記事の題名の冒頭に【雑記】とあるものがそれです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



この写真見てくださいよ~。

1737133_1184374647_30large.jpg


全部近所のコンビニ(Yショップ)でゲットしました[ぴかぴか(新しい)] エチゴビールのピルスナー、ビアブロンド、こしひかり越後ビール、レッドエール、常陸野ネストビールのヴァイツェン、ペールエール、ヤッホーのインドの青鬼。


今週突然店頭に姿を現したこのビール達。他にも数種類のクラフトビールがありました。


ひょっとしたらこんな光景をもう目にした方も多いかと思われます。「見たこともないビールが急に並び始めた[exclamation×2]」ってびっくりすること最近ありませんか?


震災の影響で大手メーカーの一部工場が操業を停止しているため、小売店に欠品が生じはじめたために、その穴をクラフトビールで補っているために、このような状況になっているのです。


すごく言い方は良くないですが、クラフトビールにとっては大きなチャンスなのだと思います。きっかけはどうあれ、クラフトビールの素晴らしさを知ってもらう機会が増えるということは、あっしはありがたいことなのだと思っています。


大手の工場が再開したらおそらくはまたもとの品ぞろえに戻るのだと思いますが、どれか1種類でも残ってくれたらいいなあ、と願っとります[ぴかぴか(新しい)]
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
麦酒諸事片々 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。